<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
  PROFILE
   きむらゆき
無料ブログ作成サービス JUGEM
きむらゆきが出会ったひと・こと・もの・ごはんたち

ゆきとハレとケ

<< ウロコに導かれK&A展 | main | フジタ藤田Foujita >>
あまーい日々
こんにちは、きむらゆきです。

あっという間に12月。
時間の流れ方に戸惑う今日この頃です。

最近は、自分を甘やかし放題の日々です。
甘いものを頂く機会があって、スイーツ三昧となっています。

今年の秋は、これだ!と思える美味しいモンブランを
見つけたいなと思っていたんですが、
個人的No.1にようやく出会うことができました!

甘すぎず、栗の香りがフワッとして、スポンジはしっとり。
パクッと食べて飲み込むと、
花が開くように、自然な甘さと香りが広がります。
食べた瞬間、深呼吸してしまったほど。

あぁ・・また食べたい。。

ゴルゴンゾーラのレモンケーキも秀逸で、
こんなケーキの世界があったのね!と感動しました。

別の日は、お気に入りの和菓子をペロリ。
大好物の塩大福は、いつだって身体と心を満たしてくれます。

あと、お家に遊びに来てくれた、さっちーからも、
お茶菓子をたくさんいただいてパクパク♪
さすがさっちー。
好みをわかっていらっしゃるセレクトでございます。
お茶とお菓子を片手にあれこれ話してたら、
あっという間。
話しすぎて喉がカラカラになりました(笑)


そういえば少し前に花梨を頂いたので、
花梨ジャムを作ってみました。

初めて作るので、あれこれ調べて、
いろんな情報を組み合わせてチャレンジ。
花梨の皮をむいて、種と皮、果肉に仕分け。
リンゴのように包丁でと思ったら、硬いしヌメリもあるしで危険!
ピーラーで向いてから切るのがオススメです。

果肉は塩水に3時間漬け込んで渋抜き。

皮と種は水で煮込んで濾して、煮汁を採取。
ペクチンが大量に含まれているらしい。

採取した煮汁に、果肉と砂糖を投入。
木べらで潰しながらクツクツ煮て、
色が変わったら瓶詰めして完成。
果肉を除去する方法もあったんですが、
何となくもったいないなと思ってそのままにしてみました。

出来たてホヤホヤのお味は・・・渋い!
なんだこの渋さは!?てくらい渋い!!

えーー失敗した?と焦りました。

時間が経つと渋みが和らいでくるとあったので、
2週間ほど冷蔵庫で放置。

少し渋さは和らいだものの、そのまま食べると気になります。
もともと渋さやアクが平気な方なので、苦手な人は結構キツイかも。

でも、チーズと一緒に食べたら、
すごく美味しかったので、料理で使う方がいいのかな?

失敗したとしたら、渋抜き工程だなー
もっと果肉を薄切りにして、
もっと長めに渋抜きした方が良かったのかも。
それとも、果肉を濾すべきなのか。ううむ。。
でも、カラカラの喉に花梨ジャムはよさそうです。

そんなこんなで、スイーツと戯れる日々。
バランスはとっているので今のところ体重に影響はないですが、
年末年始が迫ってくるので、注意しなければ。

気を引き締めて、12月も美味しく楽しく過ごしたいと思います。








******************************  
 きむらゆき プロフィール
 (→ Profile page ) 
 
 (→  Facebookpage  ) 
  go_kimurayuki_5をフォローしましょう
 (→ Twitter page )
 
 最近の作品やCM → 動画ページ
**************************







      ※このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。










| 賜り物(Food) | 15:55 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 15:55 | - | - |
コメント
ゆきさん、こんにちは(^.^)
いつも買うモンブランのクリームは山になっているので、クリームが平たいの初めて見ました(^.^)
花梨ジャムはこれからの季節に大活躍ですね
| ヒロヒロ | 2015/12/06 10:22 AM |

>ヒロヒロさん
コメントありがとうございます!

いろんなモンブランを食べ始めると、
生地から形から色々幅広いと知りました(^^)

花梨ジャムの活躍と格闘は、まだまだ続きそうです(笑)
| きむらゆき | 2015/12/09 1:27 PM |

コメントする









new << >> old