<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
CATEGORIES
LINKS
  PROFILE
   きむらゆき
無料ブログ作成サービス JUGEM
きむらゆきが出会ったひと・こと・もの・ごはんたち

ゆきとハレとケ

| main |
new << >> old
 

ハレの日ケのごはん とは?

ごはんイベントを行うときの屋号です。

ハレ ( 晴れ ) 特別な日、祭り、公のこと

ケ (褻 ) よそ行きでない日常、私のこと


現代では毎日がお祭りのような豪華な食事です。
昔からの質素な日常ごはんを再認識しようと
「 ハレ 」の日のお祭りに
あえて肉・魚・卵・砂糖をほぼ使わない
「 ケ 」を基本とした団欒ごはんが始まりました。

お祭りは一夜限り。
でも、その空間で感じたことは心に残り、
みんなで分かち合い食べたごはんたちは
それぞれの体に残ります。
だからこそ、全力でおもてなししたい。

いつも楽しみ、分かち合える
「ハレの日ケのごはん」でありたいと思います。



【 出店経歴 】

ベジタブルウェポン向島 小澤剛バースデー企画(会場:ライスプラス)
和みゆる夕べ 第一章 〜 七章(会場:フルハウス)
ピリカ・うぽぽ(会場:フルハウス)
輪和祭 (会場:フルハウス)
空-ku-キャンドルナイト(会場:フルハウス)
Happy time trip(会場:APGピラミッドセンター)
Sense Of Wonder 2007(会場:山中湖きらら)



【 育った食環境 】

マクロビオティックを基本に、幼少期を過ごし、
小学生頃より給食になじむために徐々に雑食に。

今でも基本は野菜中心ですが、
何よりも「人と共に、分かち合い食べること」を大切に、
何でも食べます。

食理論に関しては何がいい、悪いではなく、
食べ物全てに感謝して食べることが大切だと思っています。

「賜りもの→たぶりもの→たべもの」の語源が物語ります。

「たべもの」だけを切り取らないで、
育ててくれた人や、料理してくれた人、一緒に食べてくれる人、
その空間や、大地すべてに感謝したいとかんがえています。





******************* English *******************

What is "Hare no hi Ke no gohan"?

The name of my catering store.

Hare = special, public, festival
no = of
hi = day
Ke = simple, private,daily
no = of
gohan = foods

Hare no hi Ke no gohan = special day simple foods


Usually we eat feast only special day.( party, X'mas )
but recently we always eat feast, No simple foods.

I think we need re‐recognition to simple.

I start make simple foods at event, from 2005.
Event name is "Harenohi Kenogohan"

「 simple foods 」
  = No egg, No meat, No fish, No sugar,
   like macrobiotics.

We share food, music, smile at Event.


【 food catering 】

「Vegetable weapon at Mukoujima」Tsuyoshi Ozawa Artist(place:rice+)
「Nagomi yuru yuube vol.1-7」(place:full house)
「Pirika Upopo」(place:full house)
「Wawa matsuri」(place:full house)
「-ku- candle night」(place:full house)
「Happy time trip」(place:APG pyramid center)
「Sense Of Wonder 2007」(place: Kirara at Yamanaka-lake)



【 my eating habits 】

I eat macrobiotics foods from childhood.
I start eat all foods at primary school.

Now I usually eat vegetable,
sometimes I eat all foods with people.
Because eat-communication is important for me.

Thanks for foods, Thanks for earth,
Thanks for cook, Thanks for eat with people.






 















                  →【 HOME 】